蔵島由貴公式サイト/Yuki Kurashima Official site

プロフィール 蔵島由貴 ピアニスト

7歳よりピアノを始める。

幼少より才能を発揮し、8歳で音楽コンクール3つのカテゴリーに同時優勝したことから、プロの道を目指すよう勧められる。
9歳より桐朋の子供の為の音楽教室に学ぶ。
13歳で レフ・ヴラセンコ氏にその才能を認められ、
モスクワ・コンセルヴァトリア・イン・ジャパンに参加。
セルゲイ・ドレンスキーのレッスンを受ける。

東京芸術大学付属高等学校入学。
学内オーディショントップの成績をおさめ、
同高校オーケストラのソリストに抜擢、首席で卒業。
在学中に日本モーツァルト音楽コンクール第3位入賞する。

東京芸術大学入学。
学内オーディションで選ばれ、
モーニングコンサートで芸大フィルハーモニアと共演。
卒業試験上位成績者に贈られる同声会賞受賞。
同声会コンサートに出演。

イタリア・イモラ音楽院に留学。リッカルド・リサリティ、レオニード・マルガリウスの各氏に師事。また、ミッシェル・ダルベルト、
タマーシュ・ヴァシャーリの各氏の薫陶を受ける。

ジュリオ・ロスピリッシ国際コンクール、
リッツィオーネ国際コンクールおよび
ピーノトリネーゼ国際コンクール第1位入賞。

ミラノ、ストレーザ、ヴェネツィア各地でリサイタルを重ねるほか、
Imola音楽祭、

イタリアモーツァルト協会マチネーに出演し、好評を博した。



ローマにて収録されたNHKスーパーピアノレッスン
(曲目 チャイコフスキー 協奏曲1番)に出演、
講師であったアレクサンドル・トラーゼ氏にその才能を見いだされ、
そのことがあるプロデューサーの目に留まったことから、
2006年 東芝EMI(現「EMI Music Japan」)よりメジャーデビュー


同年、NHKホール、ザ・シンフォニーホールをはじめとする全国11都市ツアー「EMIベスト100クラシック」のソリストに抜擢され、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、東京ニューシティ管弦楽団、大阪シンフォニカ―管弦楽団、札幌交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、九州交響楽団、広島交響楽団と共演



同年11月東芝EMI(現「EMI Music Japan」)から発売になったアルバム「献呈」の収録曲のうち世界初演となったロリス・チェクナヴォリアンの「ノスタルジア」は、テレビ東京「美の巨人たち」のエンディングテーマに起用された。



「スーパー ワールド オーケストラ」とエリック・カンゼル指揮で東京、横浜、大阪、そしてフィリップ・アントルモン指揮で長野の他、衆議院講堂で初めて開催された“コンサートin 国会”にもソリストとして出演。

そのうち東京芸術劇場で行われたコンサート模様は、BSジャパン(テレビ東京)「スーパーワールドオーケストラLove 」の番組で放映、好評により再放送が重ねられた。

北東ドイツフィルハーモニー管弦楽団から招待を受け、ドイツと日本で公演、好評を得た。

長野ビックハットのスケートリンクで行われた「クリスマス ファンタジーイン NAGANO」に出演。ヴァイオリニスト ヴァスコ・ヴァッシレフ氏と共演。BS朝日でその模様が放映された。

フジテレビ「めざまし土曜日」 、BS NHKの報道番組、CSデジタル放送「日テレG+(ジータス)」「本よみうり堂」などにテレビ出演の他、Jwave のラジオにも出演。

アサヒビールのワインサイトで、「ワインと音楽」の対談が連載された他多くの音楽誌インタビュー掲載や、表紙を飾った。



2007年ハンガリーの「ブダペストコンサートオーケストラMAV」(指揮 タマーシュ・ガル)との「ラフマニノフ協奏曲第2番」のコンサートライヴが、セカンドアルバム(EMI Music Japan)となった。
翌年には同オーケストラより招待を受け、リスト音楽院ホールで共演、
地元紙で話題を集めた。
同年キタラ大ホールをはじめとした北海道リサイタルツアーも成功させた



2008年には、小学館より蔵島由貴が監修したDVDブック「大人初心者のための1日30分30日でベートーヴェンが弾ける!」を発売。好評を得ている。

六本木スーパーアリーナでの中国・四川大地震 チャリティーコンサートにXジャパン、アグネス・チャン他とともに出演。



2009年、佐賀にてクラシック・蔵島由貴&ジャズ・松永貴志&三味線・新田昌弘 JOINT CONCERT In SAGA「地球を抱きしめて」 に出演。



2007年、2010年と名古屋NHK主催「サウンドオアシス」に出演。

同年、ベーリンガ―・インゲルハイムチャリティーコンサートおよびモーツァルト協会例会にてジャパンシンフォニアと共演。

2010年には映画「FLOWERS-フラワーズ」(東宝系)にピアニスト役で出演、ラフマニノフ・協奏曲第2番の演奏シーンで、女優鈴木京香と共演するなど幅広い活動を行っている。


--------------------------------------------------------------------

これまでの作品は
デビューアルバム「献呈」 東芝EMI(現ユニヴァーサル・ミュージックジャパン)
セカンドアルバム「ラフマニノフ:協奏曲第2番」  (EM I)

大人初心者のためのDVD&本
「1日30分30日でベートーヴェンが弾ける」(小学館)

最新アルバム「ショパン:エチュード全集」(オクタヴィア)

Profile: Yuki Kurashima, pianist

Yuki Kurashima began playing the piano at the age of seven.

Her talent developed early, and after taking first place in three categories of a single competition at age eight, she was encouraged to take up the piano professionally.

From age 9, she studied at the Music School for Children affiliated with Toho College.

At age 13, her talent recognized by Lev Vlassenko, she took part in the Moscow Conservatory in Japan, studying with Sergey Dorensky.

Attending the music high school affiliated with Tokyo University of the Arts, Kurashima received top marks in intramural auditions and was chosen as a soloist with the school orchestra. She graduated at the top of her class. At the high school student, she was the youngest to ever win the third prize at the Japan Mozart Competition.

At Tokyo University of the Arts, she was selected in intramural auditions to perform in a morning concert with the university Philharmonia. The results of her graduation exams earned her the Doseikai Award, given to those with especially high marks, and a spot in the Doseikai Concert.

Subsequently Kurashima attended Italy’s Academy of Imola, where she studied with Riccardo Risaliti and Leonid Margarius and took classes with Michel Dalberto and Vásáry Tamás.

While studying in Italy, she took the top prizes at the Pino Torinese International Competition, Giulio rospigliosi International Competition and Riccione International Competition.

As well as giving recitals in Milan, Stresa, and Venice, she performed at the Imola Festival and the Associazione Mozart Italia Matinee, and received good reviews.



Upon Kurashima’s performance of Tchaikovsky’s First Piano Concerto in NHK’s “Super Piano Lesson,” recorded in Rome, her talent was recognized by the lecturer, Alexandr Toradze. This event caught a producer’s eye, and in 2006 she made her major-label debut with Toshiba EMI (now EMI Music Japan). In the same year, she was chosen as a soloist for the EMI Best 100 Classics national tour, covering 11 cities around the country, including Tokyo’s NHK Hall and Osaka’s Symphony Hall. She performed with the Tokyo City Philharmonic Orchestra, the Tokyo New City Orchestra, the then Osaka Symphoniker Orchestra, the Sapporo Symphony Orchestra, the Nagoya Philharmonic Orchestra, the Sendai Philharmonic Orchestra, the Kyushu Symphony Orchestra, and the Hiroshima Symphony Orchestra.



On 22 November of the same year her CD debut, the album “Widmung,” was released by Toshiba EMI (now EMI Music Japan). Among the tracks was the world premiere of Loris Tjeknavorian’s “Nostalgia,” which was used by Tokyo Television as the ending theme for their “The Great Master of Art ”



Kurashima also performed as soloist at the “National Diet Concert,” the first to be held at the House of Representatives, with Philippe Entremont conducting the Super World Orchestra; their other concerts took place in Nagoya and, under Erich Kunzel’s baton, Tokyo, Yokohama, and Osaka.

Of these, the concert held at the Tokyo Metropolitan Theatre was broadcast on the “Super World Orchestra Love” program on BS Japan (Tokyo Television).

At the invitation of the Northeast German Philharmonic Orchestra, she presented well-received concerts with them in Germany and Japan. With violinist Vasko Vassilev, she performed at the Christmas Fantasy in Nagano held at the Nagano Big Hat Arena, a performance broadcast on BS Asahi Television.

As well as performing on television programs including Fuji Television’s “Good Morning Saturday,” BS NHK’s news program, CS Digital’s “NTV G+,” and “Yomiuri Reads,” she has also appeared on J-wave radio.

A dialogue with Kurashima entitled “Wine and Music” appeared on Asahi Beer’s wine website.

Her interviews and cover photographs have also graced many music magazines.



In 2007, her live performance of Rachmaninoff’s Second Piano Concerto with Hungary’s Budapest Concert Orchestra MAV (Tamas Gal, conductor) was released as her second album from EMI Music Japan. The following year she was invited by the same orchestra for a performance at the Liszt Academy of Music, well reviewed in local newspapers. She also made a successful recital tour in Hokkaido, including an appearance in the main hall of Sapporo’s Kitara Hall.



In 2008, she served as supervising editor of a well-reviewed DVD book published by Shogakkan, entitled “For Adult Beginners: 30 minutes a day for 30 days, and you too can play Beethoven!”.

She performed with X Japan, Agnes Chan and others at the Roppongi Super Arena in a charity concert for victims of the earthquake in China’s Sichuan Province.



In 2009, she appeared in a joint concert in Saga entitled “Embracing the Earth,” in which she performed as a classical pianist with the jazz pianist Takashi Matsunaga and the shamisen player Masahiro Nitta.



In 2007 and 2010 Kurashima appeared on NHK Nagoya’s “Sound Oasis.”

In the same year, she performed with the Japan Sinfonia at the Boehringer Ingelheim Charity Concert and at a regular concert of the Japanische Mozartgesellschaft.

In 2010, she appeared as a pianist in the movie Flowers (Toho Studios), sharing the scene of a performance of Rachmaninoff’s Second Piano Concerto with actress Kyoka Suzki.

ページトップへ